気になる今後の気象

10月も中旬になろうかというのに、富山県では34.3度という真夏そのものの気温となっています。
関西でも10月に30度を超える真夏日を連続で記録するほどで、これほどの暑さはいままでに記憶がありません。

今年の猛暑の名残か太平洋高気圧が強く、台風が西進して北上して日本海に入り、フェーン現象となっている事にもよりますが、富山県での10月としては全国の最高記録となったといいます。

秋というのは通常最後に30度になった翌日から、10度を下回った時までともいいます。
暑さ寒さも彼岸までといわれ、通常は秋分の頃には暑さも落ち着くものなのですが、今年は10月になろうかというのにこの暑さです。




しかし、緯度の高い大陸では空気は冷えて、冷たい高気圧となってきます。
太平洋の高気圧が強いままであると、その接する面では前線が発生し、寒暖差の大きさは大雨や竜巻などの自然災害の恐れも増してきます。

気象庁も認めた今年の夏の異常気象ですが、季節はこれから秋を経て冬へと向かいますが、今年から来年にかけて、どのような気象となるのか気になるものであります。

こちら、知り合いがブログ書いているみたいなんでよろしくです。
http://www.migita-situnai.com/
[PR]
by denta2gou2 | 2013-10-16 16:07